無料ブログとWordPressだったらどちらがいい?

副業でサイトアフィリエイトをする場合、迷いがちなのがブログの種類です。

無料ブログとWordpressの2つのどちらかで悩むケースがよく見られますが、実際どちらを選んだ方が良いのでしょうか。

そこでこの記事では、無料ブログの特徴とWordpressの特徴をそれぞれ比較し、副業でサイトアフィリエイトをする際、どちらがよりメリットが多いのかを解説します。

結論としてはWordpress一択

まずは結論から言いましょう。

副業でサイトアフィリエイトをするなら、選ぶべきはWordpress一択です。

さまざまなブログサービスが存在しますが、特徴を比べていくと、最も大きなメリットを期待できるのはWordpressなのです。

それでは、なぜWordpressがサイトアフィリエイトに向いているのか、無料ブログの特徴と合わせて説明していきます。

無料ブログの特徴とサイトアフィリエイトとの相性

無料ブログは手頃にブログを始められることから人気のサービスの1つです。

費用は一切かけず、いつでも気軽にブログを作ることができます。

この無料ブログでサイトアフィリエイトを行いたいと考えた場合、いくつかの問題点が上がってきます。

まずは、無料ブログの運営元が、そもそもサイトアフィリエイトを許可しているのかという点です。

無料ブログサービスには、サービスを利用する上で利用者が必ず守らなければならない規約やルールが存在します。

この規約やルールで、サイトアフィリエイトを禁じている場合があるのです。

もし、禁止しているにも関わらず、サイトアフィリエイトを行えば、規約・ルール違反とみなされ、ブログやアカウントの削除などの対応をされる可能性があります。

自分で作ったブログが突然削除されたら大変ですよね。

ちなみに、運営元の規約やルールは変更される場合もあります。

つまり、現在はサイトアフィリエイトを認められていたとしても、将来的に規約やルールの変更によって、禁止される可能性もあるということです。

ブログの運営をコツコツ続けて、ようやく収益までつながったのに、規約・ルール変更でサイトアフィリエイトが禁止されてしまったら、ショックが大きいはずです。

また、無料ブログサービスが永久に続くとは誰も保障できません。

無料ブログサービスを運営しているのは企業なので、企業の都合でブログサービスを停止することもあり得ます。

そうなれば、これまで運営してきたブログは削除しなければならなくなります。

無料ブログは費用がかからないこと、手軽にブログを作成できることなどのメリットがありますが、ブログを運営していく上で、ブログサービス運営元に影響される部分が多いため、サイトアフィリエイトとの相性は良いとは言い切れません。

WordPressの特徴とサイトアフィリエイトとの相性

WordPressは自分でブログを構築するためのソフトウェアです。

ソフトウェア自体は無料でインストールできますが、有料テーマなど、使用したいブログデザインによっては費用が発生する場合もあります。

また、タグの設定方法など、やや専門的な知識が必要になります。

このように説明するとWordpressは少しハードルが高いと思うかもしれませんが、サイトアフィリエイトとの相性は抜群です。

その理由の1つは、独自ドメインが使用できることです。

ブログサービスを利用する場合は、サービスの運営元が定める定型的なアドレスに自分の決めた文字列を加えたものが、ブログURLとして設定されます。

しかし、サイトアフィリエイトのASPでは、独自ドメインのブログでないとサービスを提供しないケースもあるのです。

WordPressは独自ドメインを設定することになるため、サイトアフィリエイトの幅が広がります。

次に挙げる理由は、カスタムが自由自在だということです。

サイトアフィリエイトで多くのアクセス数を出すためには、ブログのオリジナル性は欠かせません。

WordPressは自分で自由なデザインにすることができるため、サイトのオリジナリティを高めることができるのです。

個性の光るブログであれば、読者の目を引くことができるでしょう。

また、自分で作り込んだブログは愛着がわくものです。

一生懸命作ったブログを活かし、サイトアフィリエイトを成功させるため、真剣な気持ちで取り組むことができます。

このように、Wordpressを利用すれば、長い目で見ながらしっかりブログを構築し、サイトアフィリエイトを行うことができるのです。

おすすめのレンタルサーバーはエックスサーバー

1つ気を付けておきたいのは、ブログをアップするサーバーです。

WordPressはあくまでブログそのものを作るソフトウェア。

ブログをインターネット上で広く公開するためには、レンタルサーバーなどと契約し、ブログをアップロードしなければなりません。

そこでおすすめなのがエックスサーバーです。

エックスサーバーは国内シェアNo.1を誇るレンタルサーバー。

大量アクセスに耐えるサーバー環境、処理スピードの速さ、自動バックアップ機能や24時間365日体制のメールサポートなど、高品質のサービスを提供してくれるサーバーとして高い人気を集めています。

高機能高品質のレンタルサーバーで、快適に副業のサイトアフィリエイトをしましょう。

アフィリエイトで参入するジャンル選びのポイント

本業の収入に満足できず、なにか副業をしたいと考える方に、アフィリエイトが人気です。

紹介記事を書いて商材の販売を行なうということは分かっていても、実際にどのジャンルで始めるかで迷う方は意外と多いものです。

ここでは、サイトアフィリエイトを始める際に、どのような基準でジャンルを選ぶべきかを紹介していきます。

読み手にとってためになる専門性の高いサイト作りが大切

初心者の方がアフィリエイトを始める際に思い浮かべる点に、ブログを立ち上げて記事を書いていくイメージがあります。

サイト作成や、SEO対策に馴染んでいない方は、ブログを立ち上げていっても、日記風の主観的なサイトになりがちな傾向があります。

タレントなどの有名人の場合には、自分の主観を述べていっても、多くの方が興味を持ちますが、商材を紹介して売上を実現するのが目的であるアフィリエイトの世界では、誰しもが興味を抱くような意味のあるサイトにすることが大切なのです。

実際にアフィリエイトを始めるにあたり、プロバイダに掲載されている商材のなかから、どの商材を選んでいけば良いかで悩む方は、意外と多かったりするものです。

商材を選ぶ際には、売れ筋のものを選ぶという視点も大切ではありますが、自分が得意とするジャンルという観点で選ぶことが重要になります。

好きなものであれば、長きに亘って記事を書いていっても苦にはならないものです。

興味があるからこそ、人に伝えることができる内容の濃い文章が書けるのです。

長期的に需要のあるジャンル選びを

記事を書いてSEOを施していくためには、それなりな期間が必要になるものです。

自分が興味のある商材だとはいっても、一過性の流行りものであると、SEO効果を得られる頃には、廃れている可能性もあります。

いつまでも興味を持たれそうな分野で、自分が好きなジャンルの商材を選んでいくことを心がけましょう。

長い期間に亘って、多くの人に興味を持たれることは勿論のこと、購買意欲を抱かせる分野であることも大切です。

記事を書いて、サイトへの流入を増やせたとしても、売上に結びつかない商材では、多くの収入を得ることはできないからです。

悩みに関するジャンルがおすすめ

長い期間に亘って廃れることがなく、多くの方が購買意欲を抱く分野に、悩み相談があります。

健康や仕事の悩み、育児や進学相談などは、時代が移り変わっても、廃れることはない分野です。

生きている限り、誰でも少なからず悩みは抱えているものです。

誰かに相談したくても、そばに心を打ち明けられる相手がいなかったり、理解してもらえずに、1人で悩む方は多いのです。

悩みに関する解決方法や、相談の機会を与える商材であれば、いつまでも不変的に稼げる可能性があるのです。

アフィリエイトを始めることを考える方にも、なにか悩みはあることでしょう。

仕事に関する悩みでも、恋愛に関する悩みであっても、自分が抱えている悩みを選び、どのような解決をしていけば良いかとともに、商材の紹介を行えば良いのです。

長い期間に亘って運用すれば広告収入でも稼げます

アフィリエイトには、商材を販売して利益を得る形だけではなく、表示回数や、クリック数に応じて収入が発生するタイプもあります。

長きに亘って記事を書くことができ、多くの方に興味を持ってもらえる分野であれば、商材が売れなくても、サイトに貼ってある広告での収入を得ることが可能なのです。

悩みに関する分野は、時代が変わっても無くなることはありません。

初めの頃に成果が上がらなくても、継続していくことで、多くの広告収入を得ることができるのです。

深堀りしてジャンルを選ぶことも大切

悩みに関する記事を書いていくにも、漠然とした内容では、アクセスを集めることができたとしても、成約に結びつけることはできません。

お金の悩みに関する記事を書いていこうと決めても、一般的なお金にまつわる話を書いているだけでは、読み手の方も深い関心を抱かないからです。

お金に関する悩みのなかでも、借り入れを考える方向けの内容か、破産などの債務整理に関してかなど、深堀りして検討することが必要なのです。

読み手の気持ちに立って考え、興味を持って読んでもらえる文章を書いていけば、商材を購入したときの効果をイメージしてもらえ、成約に結び付けられるのです。

視点をずらしてキーワードを検討することも大切

ジャンルを深堀りした後は、競合するキーワードを調べてみましょう。

悩みに関するジャンルは、多くのアフィリエイターが参入している分野でもあります。

自分が決めたジャンルであっても、競合するキーワードが多ければ、思うようなSEO効果を得ることはできません。

借り入れの分野であっても、マイカー資金の借り入れ方法など、少し視点をずらしてみることが、多くの読み手を集めるためには必要になっていきます。

アフィリエイト広告選びのポイント

アフィリエイトをするときには広告の選び方次第で稼げるかどうかが大きく左右されます。

稼げる広告にはどのような特徴があるのでしょうか。

選ぶときに気にかけておくべきポイントや、数ある広告の中からより良いものを厳選するためのコツを紹介します。

副業でもできるように労力を削減する必要があるということも念頭に置いて詳細を確認してみましょう。

アフィリエイト広告選びで重視したいポイント

アフィリエイト広告を選ぶときにはどういうポイントを重視したら良いのでしょうか。

色々な観点があるのは確かですが、まず押さえておきたい三つのポイントについて詳しく説明します。

報酬単価が高い

アフィリエイトは条件が成立したら報酬をもらえるという仕組みなので、報酬単価が高いに越したことはありません。

単純に考えれば報酬が100円の広告で1万円を稼ぐには100人のユーザーを獲得しなければならないのに対し、1000円の広告ならたった10人で済みます。

単価が高いほど稼ぎやすいのは容易にイメージできることでしょう。

後述のように報酬単価が高い代わりに成果確定条件が厳しくなっていることもあるので注意は必要ですが、条件が同じなら報酬単価がより高い広告を選ぶのが基本です。

成果確定条件が明確

アフィリエイト広告を選ぶときに重視すべきポイントとして成果確定条件が挙げられます。

明確に記載されていて疑問の余地がないことが重要で、少しでも曖昧な部分があると成果が確定せずに困ることもあるので注意しましょう。

アフィリエイトではクリック報酬型と成果報酬型の二種類の広告が主流ですが、どちらも曖昧な条件になっていることがあるので気をつけなければなりません。

クリック報酬型の場合には同じユーザーが期間を空けて再度クリックしたらどうなるのか、自己アフィリエイトは可能なのかといった点が問題になることがあります。

条件が明記されていないとクリック数がもっとあったはずなのに報酬額が少ないとクレームをつけても、広告主の考え方としてはそのクリックは無効と判断すると言われてしまうこともあるのです。

成果報酬型の場合にはもっと切実でかなり厳密に条件を確認する必要があります。

会員登録や資料請求が条件になっていることもあれば、会員登録をしたユーザーが商品やサービスに申し込んだら確定ということもあるのです。

あるいは資料請求でいくら、商品やサービスに申し込んだらその金額に応じて何パーセントという形で決まっていることもあります。

会員登録や資料請求などのときにユーザーがどういう手順で手続きをしなければならないかまで厳密に決められているケースもあるので詳しく確認してから選ぶようにしましょう。

広告主サイトに電話番号の記載がないか目立たない

アフィリエイト広告を選ぶときに成果報酬型の場合に特に重要なのが広告主サイトに電話番号の記載がない、あるいは目立たないことです。

基本的にはリンク先の広告主サイト上で登録申し込みなどをしてくれないと成果が確定しない仕組みになっていて、ユーザーが電話で申し込んでしまうと報酬はありません。

せっかくの努力を無益に終わらせてしまわないようにするには広告主サイトに他の登録手段がはっきりと示されていないことが重要なのです。

広告案件はエクセルに条件を整理して比較するとわかりやすい

広告案件はアフィリエイトのASPで検索すればたくさん見つかるのは良い面もありますが、どれを選ぶのかを比較するのが大変なのも確かです。

候補は自分で整理した方がわかりやすいのでエクセルを使って候補案件をリストアップしていきましょう。

報酬の金額や仕組み、商材のジャンルや関連ワード、開始日と終了日といった形で整理していくと違いがよくわかるようになります。

そのリストを見ながら商品情報についてリサーチをして書き込みをしていき、最終的にできたオリジナルリストを見てみるとどのアフィリエイト広告がより稼ぎやすいかが明確になるでしょう。

人にオススメできるサービスや商品である前提は忘れずに!

報酬単価が高くて成果確定条件も明確でかなり稼ぎやすそうなアフィリエイト広告であっても全然成果が確定しなくて稼げないという状況に陥ることもあります。

その際に見落としていることが多いのがサービスや商品そのものに関するリサーチです。

本当にそれが他人にもオススメできるものなのかをよく確認することは前提だと心得ておきましょう。

自分にとっては魅力的な商品だったとしても市場のニーズに合っていないとユーザーを獲得するのは困難です。

アフィリエイトに使用するブログなどのユーザー層をターゲットとして考え、その商材の広告を載せたらクリックしたり、購入や登録などをしてくれたりするのかという視点で広告を選ぶのが大切です。

アフィリエイトする際におすすめのASPをご紹介

アフィリエイトをする際には基本的にASPと契約しなければなりません。

しかし、ASPは非常に数が多くどこを選べば良いのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここではアフィリエイトする際におすすめのASPをそれぞれの特徴と合わせて紹介すると同時に、報酬をアップさせるためのASPの選び方についても紹介していきます。

A8.netの特徴

A8.netは2000年から営業しているASPの中でも老舗の会社です。

老舗ということもあり、登録されているメディア数も非常に多く累計で270万サイト以上が登録されており、広告主の数も累計で2万社を超えています。

数多くの広告主が登録されているということもあり、どのようなジャンルのサイトでも広告を見つけることが出来るでしょう。

また、セルフバックが豊富に用意されていることもあり、アフィリエイトで報酬を得るということがどういうことなのかを実体験しやすいです。

A8.netは年に数回A8フェスというイベントも開催されており、スタッフの方や実際に実績を挙げている方との交流を持つことが出来るのも魅力です。

afbの特徴

afbは以前はアフィリエイトBという社名のASPでした。

afbの特徴としては、美容系のジャンルに強いASPであるということです。

アフィリエイトの世界では美容は収益率も高く、成約率も高い人気のジャンルなので美容系のサイトを作っているという人には欠かせないASPと言えるでしょう。

また、テレビCMなどでも有名な美容クリニックの湘南美容クリニックは、長年afbのみとなっているので医療レーザー脱毛などをアフィリエイトしたい場合にはafbは必須となります。

最低支払額が777円と比較的少ない金額で受け取ることが出来るということや、振込手数料が無料といったアフィリエイターにとって嬉しいシステムなのも魅力です。

バリューコマースの特徴

バリューコマースは日本で最も古いと言われているASPで、営業を開始したのは1999年となっています。

バリューコマースの特徴としては、ヤフーショッピングのアフィリエイトができるということです。

ヤフーショッピングに限らずヤフー系のアフィリエイトが充実しているのですが、これは2005年にバリューコマースがヤフー株式会社のグループになったからです。

ヤフー以外にもバリューコマースだけで扱っている案件なども多くあります。

バリューコマースでは初心者から上級者まであらゆるレベルに応じたセミナーを開催しており、無料で参加することが出来ます。

また、おまかせ広告といった自分のサイトにぴったりな広告を自動で表示してくれるという機能も利用可能です。

レントラックスの特徴

レントラックスはクローズドASPです。

クローズドASPとは何のことかと思う人もいるかもしれませんが、一般的なASPはアフィリエイターが登録依頼をして審査に通過することでASPに登録が完了し、広告を掲載することが出来るようになります。

しかし、レントラックスのようなクローズドASPは基本的に自分から登録をすることが出来ません。

レントラックスからの招待を待つしかないのです。

アフィリエイターの質を維持するためのシステムですが、その分報酬単価が高いのが特徴となっています。

スマホアプリASPも運営している関係から、スマホ系の広告に強いのも特徴と言えるでしょう。

アクセストレードの特徴

アクセストレードは2001年から営業しているASPで、利用者の満足度が高いASPとしても知られています。

アクセストレードの特徴としては、比較的担当者が付くのが早いということです。

担当者が付くことで不安なことや疑問に思ったことを迅速に解決することが出来ます。

そのため、アフィリエイト作業に集中して取り組むことが出来るので満足度が高い傾向にあるのでしょう。

また、アクセストレードは初心者向けにアフィリエイト大学やリアルセミナー、動画セミナーなどが充実しています。

アフィリエイトについてしっかりと学びたいという人に嬉しいASPでしょう。

ただし、独占案件についてはあまり多くないので他のASPと併用している人が多いです。

ASPによって広告報酬額が違う場合があるのでよく比較を!

アフィリエイトを始める際に、ASPをどこにしようかと悩む人が多いです。

しかし、ASPは1社に絞らなければならないというものではありませんので、基本的には複数のASPを併用した方が良いでしょう。

というのも、広告主によってはいくつかのASPに広告を出していることも多いです。

しかし、広告報酬額はどこのASPでも同じかと言えばそうではありません。

倍以上の広告報酬額になっていたり、ASPによってかなり差があることもあります。

広告ごとにASPで比較をして報酬額の大きいASPから広告掲載すると利益があげやすくなるでしょう。

アフィリエイトとは何か?怪しくない?

副業をする場合、本業以外のプライベートの時間を効率よく使うことが大切です。

そのため、パソコンとインターネット環境が整っていればどこでもできるタイプの副業を選ぶ人が増えています。

なかには、努力次第で本業の収入を超える可能性がある副業もあります。

その1つがアフィリエイトです。

その特徴や注意点についてまとめたので、紹介していきます。

そもそもアフィリエイトって?

アフィリエイトとは、成果報酬型の広告のことです。

自分のホームページやブログに商品やサービスを紹介して、広告を貼り付けます。

それを見た人が広告をクリックして購入したり契約したりすることで報酬を得ることが可能です。

なかには、報酬が高額な商品があったり、契約している期間は報酬が発生し続けるサービスがあったりします。

アフィリエイトは、ホームページやブログに人が集まる仕組みを作り購入や契約につながるような質のよい紹介文を書けば、放っておいても収入を得られることが特徴です。

見てくれる人を集めるためのSEO(検索エンジン最適化)の知識や、購買欲を刺激するライティング技術が必要ですが、副業としての多くのメリットがあります。

すでに趣味のブログなどがあれば、その知識を活かして関連する商品やサービスを魅力的に紹介できる可能性があります。

ASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)には多くの商品やサービスがあるので、自分の興味や趣味に合うものを探してみてはいかがでしょうか。

追記:

アフィリエイトの概要について調べていたら、私のブログよりも既に詳しく書かれている方がいましたので、こちらのリンクを貼ってきますね。

アフィリエイトとは何か?収益化の仕組みなどを解説

参考になるかと思います。

簡単!アフィリエイトの始め方

事前に準備しておくものが2つあります。

報酬の振込先銀行口座とホームページやブログの開設です。

銀行口座はネットバンキングができるほうが振り込み状況をすぐ確認できます。

ホームページやブログを開設するなら、無料で始められるものもありますが、独自ドメイン(自分だけのホームページアドレス)を取得できる有料のレンタルサーバーを契約するほうがおすすめです。

なぜなら、ブログサービスなどの無料のドメインより、独自ドメインのほうがGoogleなどの検索順位が高くなる可能性があるからです。

商品やサービスをまとめているASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に登録することで、自分のバナー(広告素材)を取得することが可能です。

このバナーを、ホームページやブログに貼ります。

多過ぎるバナーや、ブログと内容が合っていないバナーは見ている人に警戒されてしまいます。

興味を持ってもらえる質のよい内容を書き、その内容に合ったバナーを1つだけ貼るようにしましょう。

商品やサービスが購入されると、ASPから報酬が振り込まれます。

ASPには、バナーをクリックされた回数や購入された金額、報酬の振り込みを確認できる自分のページがあります。

自己アフィリエイトとは?メリットとデメリットについて解説

アフィリエイトの安全性は?

大手のASPを利用すれば安全性は高いです。

直接顔を合わさずインターネットのみでやり取りをするアフィリエイトは、確実に報酬を支払ってもらえるのか、個人情報の保護は大丈夫かなどの心配があります。

大手のASPは、安全で健全な発展を目指して設立されたJASK(日本アフィリエイト・サービス協会)に所属していたり、運営会社が東証一部上場企業だったりします。

このようなASPなら、報酬を支払わなかったり、個人情報が流出したりする可能性は低いため安全性は高いといえます。

また、個人情報の安全性はJIPDEC(一般財団法人日本情報経済社会推進協会)に認められると取得できるプライバシーマークがあるかどうかが判断材料の1つになります。

プライバシーマークは調査や分析、内部監査などを3カ月ほどかけて行い合格しないと取得できません。

プライバシーマークを取得していればホームページに載っているので、確認してみることをおすすめします。

どこまで稼げる?アフィリエイト

月収が数百万円、なかには一千万円以上稼ぐアフィリエイターもいます。

ただし、楽に稼いでいるわけではなく、高いSEO(検索エンジン最適化)の知識や、飽きさせない文章を継続して書く努力が必要です。

Googleなどで検索されたとき上位に表示されなければ、どんなにホームページやブログの内容がよくても人に見てもらえる可能性は低くなります。

そのため、常に変化する検索順位の判断基準を勉強しなければいけません。

また、検索順位が高くても内容に興味を持ってもらえなければ、広告バナーをクリックしてもうどころか読まれずにほかのサイトに移ってしまいます。

SEOとライティングを継続して勉強する必要がありますが、レンタルサーバーを契約しても年間数千円の費用で高い収入を得られる可能性があるのは魅力的です。

SEOの知識もライティング技術も、さまざまな場面で活かすことができるので、副業を選ぶならアフィリエイトにしてみてはいかがでしょうか。

アフィリエイトブログのアクセスを増やす方法とは?

本業の空いた時間に始められる副業として人気のアフィリエイト。

ただ、ブログを見てくれる人や足を運んでくれる人が少なければ、安定した広告収入を得ることはできません。

副業として安定して稼いでいくためには、ページの閲覧数を伸ばしていくことが最も大切になっていきます。

今回は、どうすればアフィリエイトブログのアクセス数を増やせるのか紹介しましょう。

必須なのは、Google経由のアクセスを獲得すること

日本国内の検索エンジンシェアは、Googleが独占しています。

それだけでなく、検索エンジンシェア第2位のYahooはGoogleの検索技術を採用してるため、GoogleとYahooの検索結果はほぼ同じということになります。

つまり、Google経由のアクセス数を獲得することが、結果的にホームページのアクセス数を増やすことに繋がっていくのです。

Googleはランク付けを行い、 点数の高い順にサイトを表示させていきます。

上位表示されればアクセス数がグーンと伸びる可能性があるので、ブログの記事を書く時はGoogleから高評価を得るように書いていくことが大切です。

Googleなどの検索結果でサイトを上位に表示させるために行う様々な対策をSEOと言います。

SEO対策で最も大事なのが、キーワードを選定するということです。

何らかのキーワードを選定し、それに特化した内容にすることで、上位表示されやすくなります。

キーワードプランナーを使えば、どのキーワードが何回検索されているかや、該当のキーワードに関連したワードなどを確認することができます。

何らかのキーワードをテーマにし、検索ユーザーにとって利便性の高いコンテンツを作ることでアクセス数を伸ばす近道になるでしょう。

SNSからのアクセスも増やせるとベスト

ブログというのは基本的にプル型の媒体です。

プル型とは必要な情報をユーザーが能動的に取得しにいくという意味で、これは簡単に言えば「相手がアクションするのを待ってる」ということです。

プル型は受け身の広告という特徴があり、クリックして訪れるユーザーをずっと待ち続ける必要があります。

一方、SNSなどで情報を発信し、その情報を見つけた人にアクセスしてもらうことを「プッシュ型」と言います。

プッシュ型を活用すれば、本来情報を求めていない人の目にも触れるようになり、アクセスを促すことができるようになるでしょう。

色んな人の役に立つ有益な記事や、ユニークな記事を書くことで、SNSでの拡散を狙うことができます。

ちょっとした投稿が話題を呼び、拡散されればアクセス数やブログの読者を大幅に増やすことに繋がることもあります。

ブログのアクセス数を伸ばすためには、SNS上でネットワークを構築するのも効果的です。

FacebookやTwitterのフォロワーを増やし、いいねやリツイートなどで良好な関係を築くことが、アフィリエイトブログのアクセスに繋がっていくでしょう。

大前提は、人の役に立つコンテンツを届けること

サイトが上位検索されてもアクセス数が少ないということがよくあり、それは検索する人にとって役に立たない記事を書いているからかもしれません。

アフィリエイトブログのアクセスを伸ばすために最も大切なのは、人の役に立つコンテンツを届けるということです。

ユーザーにとって有益な情報を届ければ自然とアクセス数も伸びていきますし、SNSでも拡散させやすくなります。

内容の濃い、人にとって役に立つ記事を書けば、自然と検索エンジンからの評価が上がり、ユーザーに届ける価値がある情報として検索上位に表示されるようになっていきます。

つまらない記事やウソばっかりなデタラメな記事は、最後までユーザーに読まれることはありません。

面白くないと判断されればリピートされることもないですし、クリック報酬型広告で成果を出すのも難しくなってしまうでしょう。

検索エンジンからアクセスを確保するためには、「人の役に立つ記事を書く」ということが何よりも大切です。

ブログを作り始める前に誰にどんな情報を届けるのか明確にしよう

ブログで何を書いていいかわからない、統一感がない場合、ターゲットが明確になっていないということが多いです。

「色んな世代の人にブログを読んでもらいたい」というのが多くの人の願いですが、複数のターゲットを満足させようとすると、結局どちらにもアピールしにくい記事になりやすいです。

ターゲットとする顧客を明確にすることで記事の方向性が高まり、ユーザーにとって価値のある情報を届けやすくなるでしょう。

ターゲットの明確化は、ブログを作り始める前から行うようにしましょう。

それは、ターゲットによってサイトのデザインや、ブログを書く際の口調なども変わってくるからです。

ターゲットは男性なのか、女性なのか、年齢はいくつくらいなのかなど、対象とする読者層をしっかりと決めておきましょう。

読んでくれる読者を具体的にイメージすることで、狙ったターゲットにピタッとハマるブログ記事を量産できるようになります。

【初心者向け】月5万円を稼ぐためのアフィリエイトの始め方

日本語Webページが少なかったほかインターネット人口も少なかった2000年代は、副業でアフィリエイトを始めた人が月5万円を稼ぐのは意外と簡単でした。

ところが、2010年代に入ると様々な要因により副業で月5万円を稼ぐのは困難になってきています。

そんな中でも、なんとかして月5万円の副収入を得たい人向けの情報をお届けします。

2000年代と2020年の違いについて

まだ日本のインターネット人口が少なかった2000年代は、副業でアフィリエイトをはじめても意外と簡単に月5万円を稼ぐ事が可能でした。

なぜならば、日本語Webページの数がそんなに多くはなかったため小規模なサイトでもサーチエンジンにて上位を獲得しやすかったからです。

しかし、2000年代後半からブログというCMSの一種が無料で利用できるようになると日本語無料ページが激増しました。

そんな中、一切お金をかける事なく無料ブログを通じてアフィリエイトを始めてたくさんのお金を稼ぐ人が激増します。

しかし、中には悪質なSEO施策で稼ごうとするため、Googleなどのサーチエンジンは低品質なアフィリエイトサイト・ブログの排除をスタートしました。

その一環でページ数が少ない小規模サイトは不利になり、ページ数が多くて内部リンクが充実する大規模サイトは上位を獲得しやすくなったようなところがあります。

そして、個人でアフィリエイトを始めるとしてもある程度規模の大きいサイトを作らないと月5万円は困難になりました。

さらに、サブドメイン形式のURLではなく、独自ドメインサイトが優遇されるようになってきています。

なお、2010年代に入るとツイッターの各ツイートもサーチエンジンの結果に表示されるようになりました。

一人で1日あたりたくさんのツイートをする人も存在するため、2000年代と比べて本当にコンテンツの質が高くないと上位獲得は難しくなっている状況です。

まずは独自ドメインを取得

副業アフィリエイトで月5万円を稼ぎたいならば、まずは独自ドメインを取得しましょう。

前述通り、独自ドメインサイトはサーチエンジンのロボットから高く評価される傾向のため、開設してから時間をかけずに上位を獲得できるチャンスがあります。

また、サーバーを変えても同じアドレスを使えますし、クリック保証型広告も併用したいならGoogleのアドセンスの審査を受けられるようになります。

アドセンスの審査は独自ドメインサイトしか受ける事ができません。

個人で取得するとなるとドメイン所持者情報の保護が気になると言われますが、その点は安心です。

大半のドメイン取得サービス会社は、匿名(管理会社の情報を代入)でドメインを保持できますので、住所・電話番号・氏名等が公開されてしまう事はありません。

ドメイン取得料・年間管理料もわずかなため、この部分の出費に関しては特に気にしなくて大丈夫です。

ちなみにサーチエンジンロボットは、ドメイン名も順位決定要因となります。

例えば、ドメイン内に最重要キーワードを含めておけば、それが有利に働く事もありますので、どんなアドレスにするかは時間をかけて熟考してください。

ドメイン取得後の始め方

取得後は、レンタルサーバーと契約してCMSをインストールする形・サーバー不要かつ大量のページを作れるクラウド型CMSと契約するという2パターンがあります。

そのうち、初心者でサーバーインストール型CMSを完璧に使いこなせるか心配であれば、クラウド型CMSを利用する形がおすすめです。

クラウド型CMSの利用料は2010年に入って一気に低価格化し、数千ページを作成可能なものを月額1000円程度で利用できます。

ただし、中には100ページくらい作ると管理画面が重くなってそれ以上は増やせないCMSもありますので、月5万円稼ぎたいならどれくらいのページを作れるかよく確認してください。

100ページ規模だと月1万円を稼ぐのも困難です。

クラウド型CMSはどんどん進化しており、操作の難易度は無料ブログとさほど変わりがありません。

そして1ページを作る事に多くの時間を要する事もないため、1日10ページずつ作っていけば100日で1000ページ規模の大規模サイトを作れます。

サーバーインストール型CMSはアップデートの失敗などが起きると操作ができなくなる恐れがあります。

しかし、クラウド型CMSなら突然操作ができなくなるような恐れもありませんので、初心者でも安心して使う事が可能です。

記事作成代行サービスを利用するのも手

サーチエンジンのロボットは、年を追うごとにコンテンツの質や各ページの滞在時間の長さを重要視するようになってきています。

また、オリジナリティ溢れる長い文章が求められており、別のサイトと内容が被ってしまっていたりするとコピペ扱いされて順位降格となる恐れがあります。

そのため、時間をかけて各ページを作り込む必要も出てきていますが、夜や週末に時間がなければそれは困難です。

そんな中でも月5万円を稼ぎたい場合、お金に余裕があるならば、サグーワークスをはじめとする記事作成代行サービスを利用するのもおすすめと言えます。

こういったサービスを利用して外部ライターにサイトに載せる文章を作ってもらえば、時間をかけずに1000ページ規模の質が高いサイトを完成させる事も可能です。

アフィリエイトで稼いだら確定申告は必要?

アフィリエイトで副業をしたときには確定申告をするものだと聞いたことがある人もいるでしょう。

しかし、本当に確定申告をする必要があるのでしょうか。

手続きも面倒だし、仕組みもよくわかっていないからサボってしまいたいと思う人もいるかもしれません。

アフィリエイトをするときに知っておきたい確定申告の必要性について確認しておきましょう。

アフィリエイトの利益が出たら確定申告が必要

アフィリエイトをしている人は誰もが確定申告をしなければならないというわけではありません。

確定申告をする必要があるのはアフィリエイトによって一定以上の利益を得た人で、税法によって確定申告と納税の義務が課されています。

どのくらいの利益を得たら確定申告をする必要があるかはアフィリエイトを本業としているか副業としているかによって違い、本業なら年間所得が38万円を超えた場合、副業なら年間所得が20万円を超えた場合に確定申告が必要です。

また、他の副業もしている場合には合算して38万円または20万円を超えたときに確定申告をしなければならないので注意しましょう。

注意しておきたいのは利益の意味で、アフィリエイトで基準を超える収入を得たとしても確定申告が不要な場合もあります。

利益に相当する税制上の用語である所得は収入から必要経費を差し引いたものです。

アフィリエイトをするために専用のパソコンや勉強のために書籍を購入したり、アフィリエイトのためにコワーキングスペースを使ったりしたときにはその費用を必要経費として引き去ることができます。

その差し引きが基準を超えてしまった場合には確定申告をする必要が生じるので、必要経費を増やして所得を基準以下に抑えることも可能です。

確定申告をすると副業でアフィリエイトしていることが会社にバレる?

会社によっては副業が禁止されていてアフィリエイトで収入があるのはまずいのではないかと考える場合もあるでしょう。

確定申告をするとアフィリエイトの副業が会社にバレてしまうのかと疑問に思う人もいるかもしれません。

基本的にはアフィリエイトをしているという事実は直接的にバレることはありませんが、何か副収入があることは気づかれてしまうリスクがあります。

確定申告をするのは副業以外の場面でもよくあるので特に問題はありません。

ただ、翌年の住民税が高めになってしまうので副収入があるとわかってしまうのです。

住民税を自分で納める形にしてしまえばこの問題は解決されるので確定申告のときに変更しておきましょう。

確定申告をしないとどうなる?

確定申告をしなければならないくらいアフィリエイトで稼いでいても、面倒だし納税をしたくないから確定申告をしないで済ませてしまおうと考える人もいるでしょう。

基準以上の所得がある場合に確定申告をするのは日本国民の義務なので、違反した場合には罰せられることになってしまうので注意が必要です。

確定申告をしなかった場合には無申告加算税と延滞税を納めることになるのが一般的です。

無申告加算税は確定申告の期限までに所定の手続きをしなかった場合に課される罰則で、税額に応じて金額が決まっています。

ただ、無申告だったことに正当な理由があって説明できる場合や、過去5年間に無申告加算税や重加算税を課されたことがない場合などといった条件を満たしていると、期限後申告をしても無申告加算税が免除される場合があります。

無申告加算税は納税する金額がゼロだったとしても課される罰則ですが、アフィリエイトで大きな利益を上げていて納税しなければならない場合にはその督促状が送られてくるのは当然でしょう。

その税額は期限までに納めた場合よりも高くなってしまいます。

その追加分に相当するのが延滞税で、申告期限から申告書を提出した日に至るまでの期間の長さに応じて決まる仕組みになっているのが特徴です。

年単位で遡って徴収されることになると莫大な金額になることもあるので期日内に納めておくに越したことはありません。

アフィリエイトで収益化できたら確定申告も忘れずに

アフィリエイトで稼ぐのに成功したときに備えて、始めた段階から確定申告については準備を整えておくのが肝心です。

収益化できて確定申告をしなければならない基準を超えて稼いだかどうかは自分で判断しなければなりません。

きちんと収益を管理して確定申告の必要性を確認できるようにしておきましょう。

確定申告の手続きがわからないときには税務署に相談をすれば丁寧に教えてくれます。

節税をしたいなら税理士に相談して対策をしてもらうことも可能なので、不安があるなら一人で悩まずにきちんとしたやり方で確定申告をできるようにしましょう。

アフィリエイトで稼げる人は何割ぐらい?

副業として、アフィリエイトを始めたいと考えてはいませんか?アフィリエイトは自宅でできますし、軌道に乗れば月に数十万円稼ぐことも可能です。

とはいえ、始める前は本当に稼げるのか、不安になることもあるでしょう。

そういった不安を解消するには、実際の状況を知るのが一番です。

ではアフィリエイトで稼げる人は、何割ぐらいなのでしょうか。

アフィリエイトで収益化できている人は6割

アフィリエイトでどれくらい稼いでいるのかについては、日本アフィリエイト協議会(JAO)の市場調査が参考になります。

それによると、アフィリエイトで収益化ができている人の割合は6割だということが分かります。

6割というと、意外と高く感じるかもしれません。

しかしデータを詳しくチェックしてみると、想像以上に厳しい世界だということが見えてきます。

6割が収益を得ているということは、逆に4割の人は収入がゼロだということを意味します。

また、収益化ができている6割のうち、3割強の人たちの収入は1,000円未満なのです。

つまり、7割以上の人たちは1か月かけても、1,000円も稼げていないということになります。

(日本アフィリエイト協議会(JAO)の市場調査)

アフィリエイト市場調査2017を発表 ~月3万円以上の収入があるのは全体の5.7%~

多くの人が最初に目指すであろう月10万円の壁は相当高い

アフィリエイトを開始する人たちの多くが目指す、月に10万円稼ぐという目標はどれくらい達成できているのでしょうか。

JAOの調査によると、1か月に10万円以上稼いでいる人の割合は2.3%となっています。

多くの人たちがアフィリエイトを行っていますが、その中のたった2.3%しか10万円稼げていないというわけです。

3万円以上に拡大してみても、その割合は5.7%です。

アフィリエイトを副業にするにしても、希望通りに稼ぐのはとても大変であることが分かります。

なぜ一部の人たちしか稼げていないのかというと、稼げるようになる前にやめてしまうのが原因だと言われています。

稼ぐのは容易ではないがサラリーマンの給料以上に稼ぐ人もいるのも事実

アフィリエイトが思ったほど稼げないことが分かりました。

それではなぜ、アフィリエイトはこれだけの注目を集めているのでしょうか。

それは、一部の人たちはサラリーマンの給料以上の稼ぎを得ているという事実があるからなのです。

中には数十万から、100万円以上稼いでいる人たちも存在します。

ほとんどの人たちが3万円も稼げないのに、極一部の人が10万円以上稼いでいるというのが、アフィリエイトの世界だというわけです。

アフィリエイトは集客力がものを言う世界です。

稼げる人たちは集客がうまく、さらにどんどん増えていく傾向にあります。

逆に稼げない人たちは集客が弱いままなので、いつまで経っても収益が上がりません。

安定の大手企業に入ったけど・・・

私のケースで言えば、勉強はソコソコできた方でして、大学を卒業後は大手商社に入社しました。比較的有名ですし、お給料もおそらく同年代と比べるともらっている方です。

しかし、上下関係が厳しい職場(会社全体的にそういう雰囲気)でしたし、同僚も仲間というよりはライバル。そして調子が最悪の性格でして、退職する人は多かったです。

私も大手のブランドは捨てがたいと思って耐えた時期もあったのですが、結局は辞めてしまいました。当時は自分から高圧的な上司に「辞めます」という人ことが言えずに、退職代行jobs(ジョブズ)を使って会社を辞めました。

自分で退職手続きができないのか?

と言われたこともありましたが、結果よかったと思っています。

参考までに退職代行ジョブズの口コミ・評判はこのブログが結構よくまとまってます。

どんなビジネスも最初から大成功はしない

どのようなビジネスにしても、最初から成功するのは稀なものです。

アフィリエイトも同様で、利益が出るまで時間がかかるのが当然です。

前にも触れましたが、収益化できる前にやめてしまうのが、儲からない原因の1つとなっています。

JAOの調査によると、2013年には月3万円以上稼いでいたのは2.4%でした。

2015年にはそれが4%に増え、2017年には5.7%となっています。

年々、1か月で3万円以上稼いでいる人たちの割合は増加傾向にあるのです。

アフィリエイトは、何もしなくても稼げるようなシステムではありません。

時間をかけ、徐々に集客数を増やすのが肝心です。

また、ターゲットを絞って何を欲しているのか調べ、需要のあるものを紹介するのが大事です。

1の労力で1の報酬が欲しいならバイトをしよう

アフィリエイトは、努力がすぐに結果を呼ぶというものではないので、ある程度の時間をかける必要があります。

最初は10の労力をかけても、1の報酬も得られないことも多いでしょう。

それでも継続してこそ、アフィリエイトは実を結びます。

1の労力で、それに見合う報酬が欲しいのならば、アルバイトをするのが一番です。

働いた時間に応じた報酬が約束されているのが、アルバイトの世界です。

確実ですし、結果を予測することもできます。

そうではなく、1の労力で10や100の成果を求めるのならば、アフィリエイトに挑戦してみましょう。

最初は収益がでなくても、やるべきことをしっかりと行っていれば、徐々に結果がついてくるのがアフィリエイトです。

軌道に乗れば、少しの労力で多くの収益を得られるようになる可能性も生じます。

そのためにはアフィリエイトに関する情報を集め、しっかりとした計画に基づいて努力する必要があります。

システムが回り始め、どんどん集客が増えるようになれば収入も安定していくことでしょう。

月10万円以上稼ぐのは狭き道ですが、不可能ではありません。

アフィリエイトに挑戦する価値は、十分にあると言えるでしょう。