国宝光明寺二王門プロジェクト実行委員会

綾部の宝、日本の宝

最新情報

News

屋根板の取り外しが完了しました

2016.11.30 :

光明寺二王門では、古くなった屋根板の取り外しが完了しました。
取り外された屋根板には『昭和二十五年修補』の焼印がなされたものもあり、前回の修復から65年という月日の経過を物語っています。

%e5%9b%b3%ef%bc%91         %e5%9b%b3%ef%bc%92

今月11月5日には京都府教育委員会による修復現場の公開も行われ、参加された方々は、普段は入ることのできない工事用の足場をのぼって、修復中の二王門を間近で見学されました。
%e5%9b%b3%ef%bc%93

二王門ではこの後、古くなった塗装を掻き落とす工事が行われ、平成29年度には新しい屋根板が順次葺かれていく予定です。

 

Comments are closed here.